April 23, 2019 / 5:17 PM / in 3 months

OPEC加盟国、石油供給減なら増産も 需要見極め対応=関係筋

[ドバイ 23日 ロイター] - 米国がイラン産原油禁輸の適用除外を来月初めに打ち切ると発表したことを受け、石油輸出国機構(OPEC)加盟諸国は石油供給が減少した場合、増産する用意があるものの、まず需要動向を見極めた上で対応する構えだ。複数の関係筋が明らかにした。

ある関係筋は「どの時点でどの程度増産するかが問題で、関係各国との話し合いが必要。OPEC合意は順守せねばならず、すぐに増産するということにはならない」と述べた。

また別の関係筋は「(米国の決定が)実際に市場や顧客需要に影響していることを確かめる必要がある」とし、増産を行う場合でも6月以降になるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below