November 7, 2018 / 9:49 PM / 9 days ago

OPEC、減産再開の可能性排除せず 供給過剰回避で=関係筋

[ロンドン 7日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)の関係筋2人は7日、OPEC加盟国と非加盟の産油国が供給過剰を回避するため、来年に減産を再開する可能性は排除できないと明らかにした。

タス通信は先に、ロシアとサウジアラビアが来年の減産の可能性について2国間協議を始めたと報じていた。

OPEC加盟国の代表団である関係筋の1人は、この協議が来年の減産再開を指すのかとの質問に、「明らかにその逆ではない」と述べた。

米国による制裁再開を受けイラン産原油の輸出は減少するとみられているが、原油価格は下向きの圧力を受けている。来年に供給余剰や需要鈍化が見込まれることが背景。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below