August 8, 2018 / 11:53 PM / 11 days ago

イラン、OPEC臨時総会を提案 加盟国の生産調整巡り

[ドバイ 8日 ロイター] - イランのザンギャネ石油相は8日、石油輸出国機構(OPEC)が、許可なしで加盟国が原油生産を調整することを防げない場合、臨時総会を開くべきだとの考えを示した。イラン石油省が運営するシャナ通信が8日に報じた。

8月8日、イランのザンギャネ石油相(写真)は、石油輸出国機構(OPEC)が、許可なしで加盟国が原油生産を調整することを防げない場合、臨時総会を開くべきだとの考えを示した。ウィーンで2018年6月撮影(2018年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

OPECは6月にウィーンで総会を開き、協調減産を縮小し、日量100万バレル程度の増産でロシアなどの主要産油国と合意した。

シャナ通信によると、ザンギャネ氏は、一部の加盟国が生産を調整しようとしているとし、アラブ首長国連邦(UAE)に不満を訴える書簡を送った。

ザンギャネ氏はOPECの議長を務めるUAEのマズルーイ・エネルギー相への書簡で、協調減産の順守状況を点検するために設置された監視委員会(JMMC)は、増産を加盟国の間で割り振るべきでないと指摘。「JMMCが責務を果たさない場合、そして、OPEC総会での決定と異なるような理解をしている場合、この問題はOPEC臨時総会に持ち上げられ、決定されるべきだ」と伝えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below