December 5, 2018 / 5:43 PM / 7 days ago

OPEC加盟・非加盟国、来年の減産検討=タス通信

 12月5日、タス通信はOPEC加盟国とロシアを含む主要産油国が、2016年に合意した産油量の割当を再導入することで、来年の減産を実施する案を検討していると報じた。写真は9月22日に撮影(2018年 ロイター/Ramzi Boudina)

[ウィーン 5日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアを含む主要産油国は、2016年に合意した産油量の割当を再導入することで、来年の減産を実施する案を検討している。ロシアのタス通信が5日、OPEC関係筋の話として報じた。

実際に合意されれば、産油量は日量100万バレル以上削減されることになる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below