October 29, 2018 / 2:04 AM / 21 days ago

テニス=エルステバンクOP決勝、錦織は強烈サーブに苦しみ敗戦

[28日 ロイター] - 男子テニスのエルステバンク・オープンは28日、ウィーンでシングルス決勝を行い、世界ランキング11位で第5シードの錦織圭は同8位で第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)に3─6、6─7のストレート負けを喫した。

2016年2月のメンフィス・オープン以来の優勝を目指す錦織だったが、アンダーソンの強烈なサーブに苦しんだ。ツアー決勝はこれで9連敗となった。

サービスエース13本、ウィナー36本、ファーストサーブでのポイント獲得率91パーセントを記録して優勝したアンダーソンは、南アフリカ選手として23年ぶりとなるATPツアー・ファイナル出場(11月11日、ロンドンで開幕)を決めた。同ファイナルは年間成績上位8人で争われるシーズン最終戦。

アンダーソンはコート上でのインタビューで「素晴らしい1週間を過ごしたケイを祝福したい。毎年、常にワールドクラスの選手。年内残りもうまくいくよう願っている」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below