for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米オラクル、3─5月期決算は予想上回る クラウド「高成長段階」

[13日 ロイター] - 米ソフトウエア大手オラクルが13日発表した第4・四半期(3─5月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。出社と在宅を合わせた「ハイブリッド勤務」への移行が進む中、クラウドサービスへの支出を増やす企業が増えたことが背景。

決算発表を受け、株価は時間外取引で約9%上昇した。年初来では約27%下落している。

第4四半期の売上高は5%増の118億4000万ドル。リフィニティブのアナリスト予想平均である116億6000万ドルを上回った。

一時項目を除いた1株当たり利益は1.54ドルで、予想の1.37ドルを上回った。

クラウド事業の売上高は3%増の76億1000万ドルだった。

オラクルのサフラ・カッツ最高経営責任者(CEO)氏は「この売上高の伸びは、インフラ事業が今や高成長段階に入ったことを示している」と指摘。成長要因はクラウドアプリケーションのほか、インフラクラウド事業に対する高い需要だと述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up