May 6, 2020 / 9:34 AM / a month ago

独鉱工業受注指数、3月は前月比-15.6% 集計開始以来の低水準

 ドイツの3月の鉱工業受注指数は前月比15.6%低下し、1991年の集計開始以来の低水準に落ち込んだ。写真は2019年11月、ハンブルクのコンテナターミナルで撮影(2020年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 6日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が6日に発表した3月の鉱工業受注指数は、前月比15.6%低下し、1991年の集計開始以来の低水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、受注が内外で減少した。

ロイターがまとめたアナリスト予想(10.0%低下)よりも大幅なマイナスとなった。

経済省は声明で、新型コロナの流行とその感染防止策に伴う世界的な景気悪化が、受注急減の理由と説明。「コロナの影響で、生産は3月以降、大幅に減少する見込みだ」とした。

3月は国内の受注が14.8%減、海外からの受注は16.1%減少した。

VPバンク・グループのチーフエコノミスト、トマス・ギッツェル氏は「コロナ危機の製造業への影響の大きさを示すものだ。金融危機の時でさえ、受注はこれほど急激には減少しなかった」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below