for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大坂なおみ、五輪開催は「危険あるなら議論すべき」

 女子テニスで世界ランキング2位の大坂なおみは9日、新型コロナウイルス禍における今夏の東京五輪開催について、慎重に検討するべきとの見解を示した。メルボルンで2月撮影(2021年 ロイター/Loren Elliott)

[9日 ロイター] - 女子テニスで世界ランキング2位の大坂なおみ(23)は9日、新型コロナウイルス禍における今夏の東京五輪開催について、慎重に検討するべきとの見解を示した。

日本ではこれまでに60万人以上の感染が確認され、死者数は1万500人以上に上る。東京には現在、緊急事態宣言が出されており、世論調査によると、感染拡大を懸念して今夏の五輪開催を反対する声も多い状況だ。

日本を代表するトップアスリートでもある大坂は、イタリア国際を控えた記者会見で「もちろん、五輪を実現してほしい気持ちはある」としつつも、「特にこの1年は重大なことがたくさん起こっていて、多くの予想外のことが起きた。人々を危険にさらす可能性があるのならば、絶対に議論すべきだと私は思う」と語った。

また、ワクチン接種に関しては「多くの人々が入国することになるので、正しい決断を下さなければならない」とする一方で、「私はワクチンを受けたが、結局のところ、誰かにワクチン接種を強制することはできない」とも述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up