May 31, 2019 / 12:07 AM / 24 days ago

テニス=全仏、大坂が3回戦進出 奈良はセリーナに敗戦

 テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは30日、パリのローランギャロスで試合を行い、女子シングルス2回戦で第1シードの大坂なおみ(写真)がビクトリア・アザレンカにセットカウント2─1の逆転勝利を収めた(2019年 ロイター/Susan Mullane-USA TODAY Sports)

[パリ 30日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは30日、パリのローランギャロスで試合を行い、女子シングルス2回戦で第1シードの大坂なおみがビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)にセットカウント2─1の逆転勝利を収めた。

大坂は元世界ランキング1位のアザレンカに対し、1回戦の試合に続く苦しい立ち上がりで第1セットは最初の4ゲームを落とすなど4─6で奪われたが、第2セットを7─5、第3セットを6─3で奪い返して勝利した。

試合後の大坂は「私には最後まで来たら勝利できるという考え方があり、相手を打ち負かさなければいけないなら、その能力があると感じている」と話した。3回戦ではカテリナ・シニアコバ(チェコ)と対戦する。

また、2回戦で第10シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦した奈良くるみは、3─6、2─6のストレートで敗退した。他では昨年優勝で第3シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)、第8シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)らが3回戦へ進出した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below