for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テニス=大坂、棄権から一転してW&Sオープン準決勝出場へ

 女子テニスの大坂なおみが、棄権の意思を示していたウエスタン・アンド・サザン・オープン準決勝に一転して出場する意向を明らかにした。英ガーディアン紙が27日に伝えた。メルボルンで1月撮影(2020年 ロイター/Hannah Mckay)

[27日 ロイター] - 女子テニスの大坂なおみ(22)が、棄権の意思を示していたウエスタン・アンド・サザン・オープン準決勝に一転して出場する意向を明らかにした。英ガーディアン紙が27日に伝えた。

大坂は、23日に米ウィスコンシン州ケノーシャで黒人男性ジェイコブ・ブレークさんが3人の息子の前で背後から警官に銃撃されたことを受け、27日に事件への抗議として同大会を棄権する考えを示した。だが、大会主催者が準決勝の全試合を28日まで延期したことを受け、方針を転換した。

大坂は「私の発表の後、WTA(女子テニス協会)とUSTA(米国テニス協会)と長い時間話し合った結果、彼らの要望に合意して金曜日にプレーすることになった。全試合を金曜まで延期することを提案してくれたし、それによって多くの注目を集めてくれた。彼らのサポートに感謝したい」と説明している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up