January 25, 2019 / 12:10 AM / 6 months ago

テニス=全豪OP決勝進出の大坂、「オフに積んだ練習の成果」

 1月24日、テニスの四大大会第1戦、全豪オープンはメルボルンで試合を行い、女子シングルス準決勝で大坂なおみ(写真)はカロリナ・プリスコバにセットカウント2─1で勝利した(2019年 ロイター/Aly Song)

[メルボルン 24日 ロイター] - テニスの四大大会第1戦、全豪オープンは24日、メルボルンで試合を行い、女子シングルス準決勝で第4シードの大坂なおみは第7シードのカロリナ・プリスコバ(チェコ)にセットカウント2─1で勝利した。

大坂は日本人として初めて全豪OP決勝進出を果たした試合後、「少し現実ではないみたい」とコメント。一方で、「それと同時にオフシーズンに積んだ練習の成果を発揮できている」と述べた。

昨年の全米OPでグランドスラム優勝を果たしている大坂は、「2年間、3回戦のところで立ち往生していた」という状況を打ち破った要因を「経験と自信が要因だと思う」と話した。

大坂は大会の勝ち上がりを振り返り「私は文字通り世界最高の選手たちとプレーし、ほとんどの試合で3セットを戦っている。この点では、意志による戦いのようなものだ」と、接戦を勝ち上がってきたことを表現した。

決勝戦で大坂はウィンブルドン選手権で2回の優勝経験を持つ第8シードのペトラ・クビトバ(チェコ)と対戦。勝利すればが次回発表の世界ランキング1位の座もつかむが、大坂は「メインの目標は大会で優勝すること。ランキングは後からついてくるものだと思う」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below