Reuters logo
英財務相「離脱決定でより貧しく」、増税と歳出削減が必要に
2016年6月28日 / 08:21 / 1年後

英財務相「離脱決定でより貧しく」、増税と歳出削減が必要に

[ロンドン 28日 ロイター] - オズボーン英財務相は28日、英国の欧州連合(EU)離脱決定がもたらす経済問題に対応するため、増税と歳出削減が必要になるとの見解を示した。

6月28日、オズボーン英財務相は、英国のEU離脱決定がもたらす経済問題に対応するため、増税と歳出削減が必要になるとの見解を示した。27日代表撮影(2016年 ロイター)

国民投票で残留を支持していた財務相は、EU離脱という決定を受け、英国はより貧しくなると強調。英国は今後、社会的な分裂に加えて、経済的な結果に直面することになると指摘した。

ポンドは国民投票後、対ドルで1985年以来の安値に急落。格付け会社2社は27日、英国のソブリン信用格付けを引き下げた。

財務相はBBCラジオに対し、「われわれは何としても、人々に財政上の安全対策を提供しなければならない。政府が資力の範囲内でやっていけることを国に、そして世界に示すことが必要になる」と語った。

増税と歳出削減を意味するかとの質問に「もちろん、そうだ」と答え、「英経済の調整は長期にわたるだろう。EU外での生活に調整していくことになり、経済的にはEU内での水準に及ばないと思われる」との見方を示した。

辞意を表明したキャメロン首相の後任については「私は現時点では、特定の候補を支持していない。私はEU残留を全力で主張したが、保守党の半数は離脱を望んだ。私は党の結束を回復する人物にはなれない」とし、後任レースに出馬するとの観測をあらためて否定した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below