November 25, 2019 / 10:59 PM / 17 days ago

印ホテルオヨ、18/19年度は損失拡大、売上高増加=暫定報告書

[ベンガルール 25日 ロイター] - ソフトバンクグループが出資するインドのホテル運営会社OYO(オヨ)ホテルズアンドホームズの2018/19年度(19年3月までの1年)決算は、損失が6倍に膨らんだ。一方、売上高は4倍超に拡大した。同社が25日、当局に提出した報告書で明らかになった。

中国、米国、英国などで急速に事業を拡大するなかでの損失拡大となった。同社は立ち上げから6年で、客室数で世界最大のホテルチェーンの1つに成長した。

当局に提出された報告書によると、18/19年度の純損失は238億5000万ルピー(3億3200万ドル)。前年度は36億ルピーの損失だった。売上高は645億7000万ルピー(9億ドル)で、前年度の約141億3000万ルピーから拡大した。

営業経費は、前年から5倍近く増え613億2000万ルピー。総経費は902億8000万ルピーだった。

オヨは声明で、報告書は暫定的なものだとし、年次報告書とともに今後最終結果を公表すると説明した。

ソフトバンクグループは、傘下のビジョン・ファンドを通じてオヨに10億ドル近く出資している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below