Reuters logo
迎撃ミサイルを石垣島と宮古島へ配備、北朝鮮の予告期間入り前に
2016年2月5日 / 11:43 / 2年後

迎撃ミサイルを石垣島と宮古島へ配備、北朝鮮の予告期間入り前に

[東京 5日 ロイター] - 防衛省は5日、北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、沖縄県に迎撃ミサイル「PAC3」を追加配備することを決めた。先島諸島上空を通過する可能性があることから、すでに配備している沖縄本島に加え、石垣島と宮古島にも展開する。

 2月5日、防衛省は北朝鮮の弾道ミサイル発射に備え、沖縄県に迎撃ミサイル「PAC3」を追加配備することを決めた。中谷防衛相、昨年10月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

中谷元防衛相は記者団に対し「不測の事態、想定外の事態、事故も考えられる。万全の態勢で臨む」と語った。

弾道ミサイルが落下するなどして被害が出る可能性に備え、沖縄本島、与那国島、宮古島、石垣島、多良間島に陸上自衛隊の衛生部隊や化学部隊なども派遣する。

いずれもミサイルの発射予告期間に入る前日の7日までに配備を終える。

久保信博

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below