July 23, 2018 / 11:01 PM / 23 days ago

トランプ氏とメキシコ経済相、NAFTA交渉前進に期待

[プエルトバジャルタ(メキシコ) 23日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は23日、現在中断している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、今週末に予定されているライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との会談で再開する可能性があるとの見方を示した。

 7月23日、メキシコのグアハルド経済相は、現在中断している北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、今週末に予定されているライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との会談で再開する可能性があるとの見方を示した。3月撮影(2018年 ロイター/Edgard Garrido)

また、トランプ米大統領はメキシコの次期大統領に就任するロペスオブラドール氏を称賛するとともに、NAFTAについて「解決できることがある」だろうと述べた。

トランプ氏はホワイトハウスで米製造業について演説し、「NAFTAについてメキシコと話をしており、解決できることがあるだろう。次期大統領はすばらしい人物だ」と述べた。

また「両国にとって非常に劇的で非常にポジティブなことをしようと話している」としたが、詳細には踏み込まなかった。

グアハルド経済相は、中南米諸国で構成する太平洋同盟の首脳会議の会場で「数は多くないが非常に込み入った、一連の未解決の案件に取り組める機会が明らかにある」と語った。

今週末の会談ではメキシコの次期政権でNAFTAの主任交渉官に指名されたヘスース・セアーデ氏も同席する。

NAFTA再交渉は7月1日に行われたメキシコ大統領選を前に中断した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below