April 7, 2016 / 8:36 AM / 3 years ago

小児性愛障害に「科学的去勢」、スウェーデン研究者が資金集め

[ロンドン 7日 ロイター] - スウェーデンの研究者らが、小児性愛障害を持つ男性に対し、「科学的な去勢」を施すための研究資金3万8000ポンド(約585万円)をクラウドファンディングで集めていることが分かった。男性ホルモンを低下させるなどの治療を行うという。

同国最大の研究機関、カロリンスカ研究所の専門家らによると、一般人口のうち最大5%に小児性愛障害があるとみられている。

精神科医のクリストファー・ラーム氏によると、この虐待は「激しい性的興奮」「自己コントロールの乱れ」「他人への共感の欠如」の少なくとも3つが要因。そのため、男性ホルモンのテストステロンを低下させることで、小児性愛に起因する虐待のリスクを減らすことができるとみている。

研究チームは、「デガレリクス」という進行性前立腺がん治療薬に性的衝動の抑制効果があるかどうかを分析中。注射薬で効果発現が早く、テストステロンを最大3カ月間低下させるものだ。

ラーム氏によると、小児性愛障害を持つ人々の多くが、実際には助けを求めている。ただ、科学的根拠に基づいた予防的治療や信頼できるリスク評価ツールが存在しない上、どのように支援を受けたら良いか知らない場合が多いという。

同氏は、英ロンドンで行った記者会見で「一刻も早く研究を進めるべきだ」と強調した。資金が集まれば、2018年まで60人程度を対象に研究を行う計画だ。

ラーム氏によると、女児の10人に1人、男児の20人に1人が性的虐待に苦しんでいる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below