December 18, 2017 / 1:05 AM / 4 months ago

パキスタンの教会で自爆攻撃、9人死亡 ISが犯行声明

[クエッタ(パキスタン)/イスラマバード 17日 ロイター] - パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで17日、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。

 12月17日、パキスタン南西部バルチスタン州クエッタで、キリスト教の教会で自爆攻撃が発生し、少なくとも9人が死亡、最大56人が負傷した。当局者が明らかにした。警察の誘導で教会から非難する人々。パキスタンのクエッタで撮影(2017年 ロイター/Naseer Ahmed)

州当局者によると、教会の入り口と屋根の上で警護に当たっていた警察が、襲撃犯のうち1人を射殺したが、もう1人は教会の礼拝ホールの外で自爆したという。

同州の警察トップは、信者ら400人近くが教会内でクリスマス前の礼拝に出席していたと述べた。

過激派組織「イスラム国」(IS)は、系列メディアのアマク通信を通じて犯行声明を発表した。攻撃の証拠は示していない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below