for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

韓国パラリンピック選手がパキスタン高山で滑落、行方不明

 韓国のパラリンピック選手キム・ホンビン氏(右から2番目)が20日、パキスタン北部のブロードピーク(標高8047メートル)から滑落し、行方不明になっていることが明らかになった。パキスタンのイスラマバードで6月撮影の提供写真(2021年 ロイター)

[イスラマバード 20日 ロイター] - 韓国のパラリンピック選手キム・ホンビン氏(57)が20日、パキスタン北部のブロードピーク(標高8047メートル)から滑落し、行方不明になっていることが明らかになった。

キム氏は2002年ソルトレークシティー冬季パラリンピックにアルペンスキーの代表として出場。18日に他の登山者と共に登頂したが、下山中に悪天候に見舞われ、世界で12番目に高い山として知られるブロードピークの中国側のクレバス(深い割れ目)に落ちたという。

キム氏は障がい者として初めてヒマラヤ8000メートル峰14座の完登に成功していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up