for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パキスタンのカーン首相が失職、議会が不信任案可決

 パキスタンのカーン首相が10日、失職した。下院が首相の不信任決議案を可決した。イスラマバードで3月撮影(2022年 ロイター/AKHTAR SOOMRO)

[イスラマバード 10日 ロイター] - パキスタンのカーン首相が10日、失職した。下院が首相の不信任決議案を可決した。カーン氏に対しては、連立パートナーからも経済低迷と公約違反を批判する声が出ていた。

審議は13時間にわたって行われ、不信任案採決で342議員中174人が賛成票を投じた。

カーン氏は69歳で、首相を3年半務めた。議会は11日に新首相を選出する。カーン氏はコメントを出していない。

関係筋によると、軍トップのバジュワ陸軍参謀長は採決を前にカーン氏と会談した。

新首相の有力候補であるシャバズ・シャリフ氏は「新たな夜明けが始まった。この連合がパキスタンを再建する」と述べた。同氏はパキスタン首相を3回務めたナワズ・シャリフ氏の弟。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up