February 8, 2019 / 2:44 AM / 6 months ago

パレスチナ自治区ガザ、人形芝居に子どもの笑顔と歓声

 2月7日、パレスチナ自治区ガザに住む子どもたちの間で、人形劇が人気を集めている。操るのは、「ガザ初の人形師」を名乗るマフディ・カレラさん(39)。舞台は幼稚園だ。写真は劇を見る子どもら、1月29日撮影(2019年 ロイター/IBRAHEEM ABU MUSTAFA)

[ガザ 7日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザに住む子どもたちの間で、人形劇が人気を集めている。操るのは、「ガザ初の人形師」を名乗るマフディ・カレラさん(39)。舞台は幼稚園だ。

音楽をバックに、カレラさんの操る人形は道化師、コック、教師、少年少女までさまざま。年若い観客からは笑いと歓声が起きる。

「人形には役割がある。子供から大人までを楽しませることだ。ポジティブな価値観を持つよう勧め、ネガティブな価値を変化させてしまう」とカレラさんは言う。

製作と操作は独学で学んだ。自宅バルコニーに設けた作業場でこれまでに、木、発泡体、プラスチック、ワイヤーを使って30体の人形を作り上げたと言い、「とても愛着がある。自分の子どもみたいなものだ」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below