for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルジャジーラ記者、イスラエル軍取材中に撃たれて死亡

[ジェニン(パレスチナ自治区)/米大統領専用機上 11日 ロイター] - カタールを拠点とするテレビ局アルジャジーラの記者が11日、パレスチナ自治区ヨルダン側西岸地区で取材中に銃撃を受けて死亡した。

アルジャジーラによると、死亡したのはシリン・アブアクレ記者(51)で、ジェニンでイスラエル軍の作戦を取材していた。記者であることを示すベストを着用していたという。

パレスチナ自治政府のアッバス議長とアルジャジーラはイスラエル軍による冷酷な殺人と非難した。

一方、イスラエルのベネット首相は、無差別に発砲していた武装パレスチナ人によって射殺された可能性が高いとの声明を発表した。

アブアクレ氏と共に負傷したパレスチナ人記者アリ・サムーディー氏はジェニンの病院で、イスラエル軍が「突然発砲した」とロイターに説明した。「一発が自分に、もう一発がアブアクレ氏に当たった。(イスラエル軍は)冷酷にアブアクレ氏を殺害した」と語った。

米ホワイトハウスのジャンピエール副報道官は11日、パレスチナ系米国人のアブアクレ氏の殺害を非難し「アブアクレ氏の死亡を巡り徹底的な調査を要請する」と述べた。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up