for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「パナマ文書」流出は外部からのハッキング=法律事務所幹部

 4月5日、世界各国の指導者ら多数を困惑させている、いわゆる「パナマ文書」流出スキャンダルの渦中にある、法律事務所の共同設立者ラモン・フォンセカ氏(写真)は、同事務所は外部からのハッキングの被害者だと主張し、告訴したことを明らかにした。パナマ市で撮影(2016年 ロイター/Carlos Jasso)

[パナマ市 5日 ロイター] - 世界各国の指導者ら多数を困惑させている機密文書、いわゆる「パナマ文書」流出スキャンダルの渦中にある、法律事務所の共同設立者は5日、同事務所は外部からのハッキングの被害者だと主張し、告訴したことを明らかにした。

世界各国の顧客向けに24万のオフショア企業を立ち上げたとするパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」の共同設立者、ラモン・フォンセカ氏は、ロイターとのインタビューで、同事務所が法を犯しておらず、すべての業務は合法だと強調した。

また、いかなる文書を破棄したことも、脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)を助けたこともないと同氏は語った。

また、「国際調査報道ジャーナリスト連合」(ICIJ)や他の報道機関の調査によって公表された同法律事務所の電子メールは、「文脈を無視して抜き出され」、誤って解釈されているとフォンセカ氏は述べた。

同法律事務所から流出した「パナマ文書」は1150万枚以上に及ぶ。世界中の富裕層や有力者たちによる資産隠しや税金逃れ疑惑は、多くの人々が緊縮策や困難に耐えるなかで、一般市民の激しい怒りを呼び起こしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up