June 27, 2019 / 5:23 AM / in 19 days

車載電池事業、何としてでも生き残る=株主総会でパナソニック社長

 6月27日、パナソニックの津賀一宏社長は定時株主総会で、注力している車載電池事業について「何としてでも生き残る」とあらためて決意を示した。写真はパナソニックのロゴ。2017年10月に千葉県幕張で撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - パナソニック(6752.T)の津賀一宏社長は27日の定時株主総会で、注力している車載電池事業について「何としてでも生き残る」とあらためて決意を示した。

車載電池をめぐっては中国メーカーが台頭しており、事業の先行きを不安視する声もある。津賀社長は10年後に生き残っているのかとの株主の質問に対して「もちろん生き残る、何としてでも生き残る」と強調した。

車載機器・電池事業はこれまで「高成長事業」と位置づけてきたが、低収益が続いていることから5月に公表した新中期計画では「再挑戦事業」に格下げとなった。

津賀社長は「成長が見込める重要な事業であることは変わらない」と指摘。「まずは早急に事業を立て直し、再び挑戦ができる姿に戻していく」と強調した。

同事業は2020年3月期に150億円の営業赤字を見込んでいる。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below