October 31, 2019 / 8:04 AM / 16 days ago

パナソニック、今期売上高予想を下方修正 為替を円高方向に見直し

[東京 31日 ロイター] - パナソニック (6752.T)は31日、2020年3月期(国際会計基準)の連結売上高を7兆9000億円から7兆7000億円(前年比3.8%減)へと引き下げた。想定為替を円高方向に見直したことが主な要因。

 10月31日、パナソニック は2020年3月期(国際会計基準)の連結売上高を7兆9000億円から7兆7000億円(前年比3.8%減)へと引き下げた。写真は東京にあるパナソニックのショールーム。2017年2月2日撮影(2019年 ロイターA/Kim Kyung-Hoon)

営業利益は3000億円(同27.1%減)の予想を据え置いている。リフィニティブが集計したアナリスト19人の営業利益の予測平均値は2939億円。

利益見通しを据え置いたのは、中国の減速による影響や車載機器事業でのリスクなどを当初から織り込んでいたため。

部門別の営業利益は、家電などのアプライアンスは765億円、住宅などのライフソリューションズが1745億円、工場の自動化などのコネクティッドソリューションズが820億円、車載事業のオートモーティブが440億円の赤字、モーターなどのインダストリアルソリューションズは510億円とした。

米電気自動車大手テスラ(TSLA.O)向け事業は、米国工場の増産効果により、赤地は縮小傾向にあるという。

想定為替レートは、1ドル107円(期初は110円)、1ユーロ118円(同125円)、1人民元15.6円(同16.5円)に修正した。

米中貿易摩擦については「設備投資関連で相当の影響がある」(梅田博和・最高財務責任者)。これまで19年度は前年度比100億円の減益要因とみていたが、200―300億円に影響額が拡大。下期については緩やかに回復とみていたが、貿易摩擦が解消するかしないかよく分からない状況にあり、前年並みとしている。

台風19号による浸水被害で福島県郡山市の工場が一時稼動を停止しているが、「金額の算定は精緻(せいち)にできていないが、吸収できる」とした。

10月1日からの消費増税前の駆け込み需要はあったものの、「キャッシュレスポイント還元や次世代住宅ポイント制度などの対策により、前回増税時ほどの大きな動きはなかった」としている。

*内容を追加しました。

清水律子

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below