for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エクイノール・ハイドロ・パナソニック、電池事業巡る覚書に署名

スライドショー ( 2枚の画像 )

[オスロ 18日 ロイター] - ノルウェーの石油会社エクイノールEQNR.OLとノルウェーのアルミ大手ノルスク・ハイドロNHY.OL、パナソニック6752.Tの3社は18日、欧州電池市場における事業展開の実現可能性を評価するためのパートナーシップに関する覚書に署名したと発表した。ノルウェーでの自動車向けリチウムイオン電池生産事業の可能性を探る。

3社は共同声明を発表し「このイニシアティブはパナソニックの先端技術を活用し、欧州市場で電気自動車などをターゲットとする」とした。

パナソニックによると、3社はまず、欧州の自動車産業などの潜在的な顧客に直接アプローチするほか、関係当局とも協議を行う。この初期の調査結果は2021年半ばごろに出る見通しで、この結果に基づいて今後の決定を行うとしている。

ハイドロのエネルギー・企業開発担当幹部、アーヴィッド・モス氏は「気候変動という世界が直面する最大の課題への解決策として、電池生産事業は急成長するとみている」と述べた。

一方、エクイノール のグローバル戦略および事業開発担当幹部、アル・クック氏は「異なる分野でのエネルギーに関する専門性を持ち寄ることにより、収益性が高く拡張性があり、持続可能な電池事業の創出を目指す」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up