July 31, 2019 / 7:14 AM / 17 days ago

パナソニックの4─6月営業益43%減、テレビ赤字でメキシコ閉鎖へ

[東京 31日 ロイター] - パナソニック(6752.T)が31日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比43.6%減の563億円だった。中国の設備投資低迷が響いたほか、車載機器の開発費増加や欧州を中心としたテレビの苦戦が足を引っ張った。前期に土地売却益を計上した反動も出た。

 7月31日、パナソニックが発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比43.6%減の563億円だった。写真は幕張で2015年10月撮影(2019年 ロイター/Yuya Shino)

会見した梅田博和・最高財務責任者(CFO)はテレビ事業が赤字に陥っていることを明らかにした上で「テレビは続けるにしても、大きな赤字を出して続けることは考えていない」として、コスト構造を見直す方針を示した。すでにメキシコ生産拠点の閉鎖手続きに入っているという。

梅田CFOは「今後、地域や価格帯等によっては撤退という選択肢もあるかもしれない」と語った。

部門別の営業利益は、家電などのアプライアンスが前年比23%減の300億円、住宅などのライフソリューションズが127億円(前期は1億円の赤字)、工場の自動化などのコネクティッドソリューションズが同39%減の137億円、車載事業のオートモーティブが100億円の赤字(前期は15億円の赤字)、モーターなどのインダストリアルソリューションズは同69%減の52億円だった。

米電気自動車大手テスラ(TSLA.O)向け事業は赤字で、まだ立ち上げに伴う生産ロスが多いという。

売上高は前年比5.9%減の1兆8911億円だった。

このうち中国の売上高は前年比19%減の2122億円で、地域別で最も落ち込みが大きかった。

2020年3月期予想は据え置いた。営業利益予想は前年比27.1%減の3000億円で、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値3199億円を下回っている。

梅田CFOは業績予想を据え置いたことについて「4─6月期のだいたい20%の利益進捗で、今回もオントラックだ」と説明。「下期も元々それほど強く見ていないので修正する必要がない」と語った。

日本政府が貿易手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外する方針を示していることについては「大きな影響は想定していない」という。

志田義寧 編集:石田仁志

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below