for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パナソニック、スマホ部品「SAWフィルター」事業を米社に売却

[東京 28日 ロイター] - パナソニック 6752.Tは28日、スマートフォン(スマホ)に使う電子部品の「表面弾性波(SAW)フィルター」事業について、米ワイヤレス半導体メーカー、スカイワークス・ソリューションズSWKS.Oに実質的に売却すると発表した。

8月1日付で、同社からSAWフィルター事業を分社化し、発行済み株式の66%をスカイワークスに1億4850万ドル(約151億円)で売却。パナソニックは新会社の34%を保有する。

パナソニックのSAWフィルター事業は、大阪府門真市で前工程を製造し、シンガポールで組み立て工程を展開している。事業規模は約100億円。スカイワークスにSAWフィルターを納入し、スカイワークスが通信モジュールにしてスマホメーカーに納入する形式が多かったが、モジュールメーカーと事業を合弁化することで、スマホ市場でのシェア拡大をめざしていく。

SAWフィルターは、スマホの通信部品として使われ、回路から必要な周波数の信号だけを取り出す機能を持つ電子部品。世界各国でスマホのLTE化していることで需要が急増しており、村田製作所 6981.TやTDK 6762.Tが、通信モジュール部品として力を入れている。

村井令二

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up