August 1, 2018 / 12:22 AM / 3 months ago

米パンドラ・メディア、第2四半期に有料会員増加 損失は予想下回る

[31日 ロイター] - 音楽ストリーミングサービスの米パンドラ・メディア(P.N)は、6月末の有料会員が600万人と3カ月前から約35万1000人増加したと発表した。第2・四半期の損失は市場予想より小さかった。

 7月31日、音楽ストリーミングサービスの米パンドラ・メディアは、6月末の有料会員が600万人と3カ月前から約35万1000人増加したと発表した。写真はパンドラのアイコン。昨年6月にニューヨークで撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)

同社が前回黒字となったのは2014年。最大手スポティファイ(SPOT.N)やアップル(AAPL.O)、グーグルなどとの競争が激化する中、再生計画の一環として有料会員を増やすための新機能導入を推進中だ。プレミアム会員に合ったプレイリストの作成や、顧客の好みを基にした選曲が可能になったほか、写真共有アプリ「スナップチャット」との連携でメッセージアプリを使って音楽が簡単に聞けるようにした。

聴取料などの売上高は65%増と、市場予想を大きく上回った。ただ、広告収入は2.6%減少。ロジャー・リンチ最高経営責任者(CEO)はインタビューで「広告収入は増加への軌道上にある」との見方を示した。

CEOによると、5月に買収手続きが完了した音声広告テクノロジー会社、AdsWizzからの広告収入による寄与は「まずまず」だった。

第3・四半期の売上は3億9000万―4億0500万ドルを見込む。これは、トムソン・ロイターI/B/E/Sのアナリスト予想3億9460万ドルを概して上回る。

第2・四半期の普通株主帰属の純損失は9950万ドルに縮小した。前年同期は2億8970万ドルの赤字だった。特別項目を除く1株当たり損失は15セント。

売上高は2.1%増の3億8480万ドルだった。

アナリストは、第2・四半期の1株当たり損失が16セント、売上高は3億7280万ドルと予想していた。

同社の株価は年初から40%上昇した水準。決算発表後の時間外取引では前日比11.7%高の7.57ドルを付けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below