December 22, 2017 / 1:56 AM / 7 months ago

100年以上前に失踪の豪潜水艦、パプアニューギニア沖で発見

[シドニー 21日 ロイター] - 第1次世界大戦中に消息を絶ったオーストラリア海軍初の潜水艦「AE─1」の残骸がパプアニューギニア沖で発見され、100年以上の時を経て、豪海軍史上最古の謎のひとつが解明された。

 12月21日、第1次世界大戦中に消息を絶ったオーストラリア海軍初の潜水艦「AE─1」の残骸がパプアニューギニア沖で発見され、100年以上の時を経て豪海軍史上最古の謎のひとつが解明された。提供写真(2017年 ロイター/Royal Australian Navy)

「AE─1」は1914年にドイツ艦船の監視活動中に35人の乗組員とともに姿を消し、第1次世界大戦における連合国側初の沈没船となったが、当時の状況はまったく不明だった。

ペイン豪国防相は21日、記者団に豪海軍や民間団体が13回目の捜索でようやく場所を突き止めたと明らかにした。また、捜索船上で簡単な慰霊を行い、当局が乗組員の家族らに連絡をとっているという。

残骸の発見場所は、デュークオブヨーク諸島沖という以外は明らかにされていないが、オーストラリアおよびパプアニューギニア政府はその場所の保存を計画している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below