April 18, 2016 / 6:46 AM / 3 years ago

中国人旅行客の高級品購入、3月は24%減 欧州市場で落ち込む

 4月15日、付加価値税(VAT)の還付業務を手掛けるグローバルブルーは、海外における中国人旅行客の3月の高級品購入額が前年同月比24%減少したと発表した。写真は香港で2015年3月撮影(2016年 ロイター/Bobby Yip)

[パリ 15日 ロイター] - 付加価値税(VAT)の還付業務を手掛けるグローバルブルーは15日、海外における中国人旅行客の3月の高級品購入額が前年同月比24%減少したと発表した。月間ベースでの減少は統計を取り始めた2010年以来初めてで、過去最大という。

パリとブリュッセルで起きた連続爆破攻撃を受け、欧州を訪れる中国人旅行客が減少し、同地での消費額が35%急減したことが背景。逆に、欧州との価格差の縮小が中国国内での支出を押し上げた。

バークレイズのアナリストらは「価格比較が厳しくなる一方、同時多発攻撃や生体情報(バイオメトリクス)ビザの導入もあり、欧州での落ち込みにつながった。ただ、中国人による消費の全体的な伸びは世界的に減速しており、引き続き懸念される」と指摘した。

グローバルブルーがまとめたデータによると、旅行者全体の3月の高級品購入額は14%減少した。2月は4%増だった。数値には、VATの還付制度がない米国、香港、ドバイでの購入額は含まれていない。

高級ブランドのLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)(LVMH.PA)と、バーバリー(BRBY.L)は先週、旅行者による消費が欧州大陸で減少していると発表している。

カルティエやルイ・ヴィトンなど一部ブランド大手にとって、特定の欧州市場では、海外からの旅行客が顧客の半分以上を占める。

世界の高級品市場での中国人による消費は全体の3分の1近くに上る。

LVMHは、ブリュッセルとパリでの連続攻撃の後、「東洋(ロシアとアジア)から」欧州を訪れる旅行者の数が減少していると指摘。バーバリーは市場環境が厳しく、今後1年の収益に影響が出ると予想した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below