July 5, 2018 / 3:15 AM / 18 days ago

パリの公共バス運転手、半ズボン着用許可される 長年の嘆願実る

[パリ 4日 ロイター] - フランス・パリの公共交通機関を運営する公団(RATP)は、気温が28度を超える6月から9月の間、運転手がバミューダパンツやスカートを着用することを許可した。

 7月4日、フランス・パリの公共交通機関を運営する公団(RATP)は、気温が28度を超える6月から9月の間、運転手がバミューダパンツやスカートを着用することを許可した(2018年 ロイター/Philippe Wojazer)

フランスの公務員は決まった制服を着用するのが一般的で、例外が認められるのは珍しい。

運転手のAbdelkader Ariouaさんは「毎年この要求を繰り返してきた。驚くことに今年やっと認められた」と話した。

運転手1万5000人のうち90%を占める男性にはジッパーで短パンに変えることのできるズボン、女性にはスカートが支給される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below