January 17, 2020 / 5:55 AM / a month ago

PB、25年度の黒字化「不可能でない」=西村経済再生相

 西村康稔経済再生相(写真)は17日の経済財政諮問会議後の記者会見で、同日公表した中長期試算で示した2025年度の基礎的財政収支(PB)について、3.6兆円の赤字を成長率の上振れや歳出改革でゼロにしたいと強調した。2019年撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は17日の経済財政諮問会議後の記者会見で、同日公表した中長期試算で示した2025年度の基礎的財政収支(PB)について、3.6兆円の赤字を成長率の上振れや歳出改革でゼロにしたいと強調した。22年度第4・四半期に名目国内総生産(GDP)が600兆円に達するとの見通しを示した。

中長期試算については前提となる成長率が高過ぎるとの見方が民間エコノミストの間では多く、25年度のPB黒字化には懐疑的な見方が主流。西村再生相は、過去3年で社会保障費を3.9兆円効率化した実績を引き合いに、3.6兆円の赤字解消は「無茶苦茶な数字でない」「不可能でない」と強調した。

西村再生相は米中通商交渉の第一段階合意について、世界・日本経済にプラスの影響を期待すると述べ、株式市場などマーケットの反応を取り上げ、「心理的にはプラスの評価になっていると思う」と指摘した。

竹本能文 編集:高木匠

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below