December 20, 2018 / 2:49 AM / in 3 months

中国人民銀、リバースレポ金利据え置き 米利上げに追随せず

 12月20日、中国人民銀行(中央銀行)は20日、リバースレポ金利を据え置いた。写真は人民銀行本店。北京で9月撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

[上海 20日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は20日、リバースレポ金利を据え置いた。米連邦準備理事会(FRB)は19日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを決定したが、人民銀はリバースレポ金利の引き上げを見送った。

人民銀は7日物リバースレポ金利を2.55%に、14日物リバースレポ金利を2.7%に、それぞれ据え置いた。

FRBは今年に入って4回利上げを行ったが、人民銀が追随してリバースレポ金利を引き上げたのは1回のみだ。

人民銀は今年、民間企業の資金繰り支援や経済全体を下支えするため、緩和的な金融・信用政策に傾いており、米国と異なる道をたどっている。

的を絞った預金準備率の引き下げは今年に入って4回実施した。

また、19日には中小・民間企業に的を絞った支援策「標的型中期貸出制度(TMLF)」を発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below