for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ピーチ、航空機受領の遅れで92便欠航 年末年始の予定便

 11月30日、ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は、新たな機材の受領に遅れが出ているとして、年末年始に運航を予定していた便のうち、92便を欠航とすると発表した。写真は同社のチェックイン施設。成田で2014年7月撮影(2022年 ロイター/Issei Kato)

[東京 30日 ロイター] - ANAホールディングス傘下の格安航空会社(LCC)、ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)は30日、新たな機材の受領に遅れが出ているとして、年末年始に運航を予定していた便のうち、92便を欠航とすると発表した。

期間は2022年12月27日から2023年1月13日で、対象路線は大阪(関西)―札幌(新千歳)、鹿児島、沖縄(那覇)線の計3路線。欠航便に入っている予約は、払い戻しや別便への振り替えで対応する。

世界的な供給網(サプライチェーン)の混乱で、航空機メーカーの製造と納入が遅れ、機材の受領も影響を受けているとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up