December 5, 2019 / 5:35 AM / 2 months ago

米社のエクササイズバイク広告に批判、妻に贈るのは「性差別」

エクササイズバイク・ルームランナーメーカーのクリスマス向け広告が「性差別主義」だと物議をかもしている。提供写真(2019年 ロイター)

[4日 ロイター] - エクササイズバイク・ルームランナーメーカー、米ペロトン・インタラクティブのクリスマス向け広告が「性差別主義」だと物議をかもしている。

問題の広告は「報いある贈り物」と題された30秒の動画。夫から同社のエクササイズバイクをプレゼントされた妻が1年にわたってトレーニングの様子を記録し、それを夫と鑑賞するというもの。

ツイッター上では性差別との指摘が数多く投稿され、あるユーザーは妻にエクササイズバイクを贈ることは減量の必要があると解釈できるとして、夫が妻を支配しようとしていると批判した。

一方で、関心を集めるためのマーケティング手法であり、批判は「過剰反応」だとして、広告を擁護する声もある。

同社の広報担当者はロイターに対し「一部の人がこの広告を誤解したことは残念だ。一方で、われわれが伝えようとしていることを理解していただいた方々からの支援に感謝している」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below