November 13, 2018 / 4:55 AM / a month ago

自動車関税、日米通商交渉中の回避確認 詳細控えたい=西村官房副長官

 11月13日、訪日中のペンス米副大統領と安倍晋三首相の会談について、西村康稔官房副長官が午後に説明した。会談後に共同会見する同米副大統領(左)と同首相(右)。東京で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 13日 ロイター] - 訪日中のペンス米副大統領と安倍晋三首相の会談について、西村康稔官房副長官が13日午後に説明した。それによると、両者は年明けに始まる日米通商交渉の継続中は米国が自動車の追加関税を課さないことを確認したという。 ペンス副大統領は会談後の共同記者発表で日米貿易不均衡について強い不満を表明したが、この点について西村官房副長官は「日米双方の利益になる貿易・投資を議論した。これ以上は控えたい」と詳細を明らかにしなかった。

<ペンス氏は「FTAとは言っていない」>

貿易不均衡是正の手段として取り沙汰される防衛装備品については「議論はなかった」という。西村官房副長官は、共同記者発表でペンス氏による「bilateral trade agreement(二国間貿易)」との発言を同時通訳がFTAと訳したと指摘し、「ペンス氏はFTAとは言っていない」と強調した。

*見出しを修正して再送します。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below