for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブリトニー・スピアーズのステージ復帰、マネジャーが懸念

 5月15日、米歌手ブリトニー・スピアーズさん(写真)の長年のマネジャーが、スピアーズさんのメンタルヘルスについて懸念を示し、ラスベガスの常設公演だけでなく、パフォーマンスを「もう2度と」行うべきではないかもしれない、と語った。写真は2018年4月、ビバリーヒルズで撮影(2019年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 米ポップ歌手、ブリトニー・スピアーズさん(37)の長年のマネジャーが15日、スピアーズさんのメンタルヘルスについて懸念を示し、ラスベガスの常設公演だけでなく、パフォーマンスを「もう2度と」行うべきではないかもしれない、と語った。

スピアーズさんは1月、父親の健康状態の悪化を受け、ラスベガスで2月から8月まで予定されていた常設公演を保留にした。先月には「自身の時間」が必要だとして、メンタルヘルス施設に入所していた。

ラリー・ルドルフさんは芸能サイトTMZ、バラエティー誌、エンターテインメント・トゥナイトに対し、スピアーズさんから数カ月間連絡がないと述べた。

ルドルフさんはTMZに対し、スピアーズさんと一緒に働くすべての人物が必要に応じて伝えられる情報に基づくと、「彼女がラスベガスでの公演に戻るべきではないことは明らかだ。近い将来だけでなく、もしかしたら2度と戻るべきではないかもしれない」とコメント。「肉体的に、精神的に、また熱意の面でも彼女が準備ができるまで復帰してほしくない」と語った。

スピアーズさんの他の代理人からのコメントは取れていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up