for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドクター・ドレー「元気にやってる」、脳動脈瘤で入院報道

 米国のラッパーで音楽プロデューサーのドクター・ドレーさん(55)が5日、病院で治療を受けていることを明らかにし、「元気にやっている」とソーシャルメディアに投稿した。米カリフォルニアで2018年11月撮影(2021年 ロイター/Mario Anzuoni)

[5日 ロイター] - 米国のラッパーで音楽プロデューサーのドクター・ドレーさん(55)が5日、病院で治療を受けていることを明らかにし、「元気にやっている」とソーシャルメディアに投稿した。

芸能ニュースサイトTMZは、ドレーさんが4日、脳動脈瘤を発症し、ロサンゼルスの病院に緊急搬送されたと報じていた。

ドレーさんは、インスタグラムへの投稿で「気に掛け、励ましてくれた家族や友人、ファンに感謝している。私は元気にやっている。医療チームから素晴らしいケアを受けている」とし、「すぐに退院して家に戻れるだろう」と続けた。

ドレーさんは米音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞を6回受賞している。

ソーシャルメディアではファンのほか、アイス・キューブ、スヌープ・ドッグといった音楽アーティストや、レブロン・ジェームズらアスリートからもドレーさんの回復を願うメッセージが寄せられた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up