for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジャスティン・ビーバー、顔にまひ症状 治療のため公演休止

[ロサンゼルス 10日 ロイター] - カナダのポップ歌手ジャスティン・ビーバーさん(28)が10日、顔の半分がまひする「ラムゼイ・ハント症候群」と診断されたことを明らかにした。

インスタグラムに投稿した動画の中で、ウイルス感染により耳と顔の神経に影響を与える同症候群になったと説明し、右目がまばたきできない状態だと語った。

このため、予定している公演ができないとした上で、治療に取り組んでおり回復する見込みだと述べた。ただ、回復までにどれぐらいの時間がかかるか分からないとも話した。

*動画を付けて再送します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up