March 4, 2019 / 4:24 AM / 3 months ago

米女優K・ヘルモンドさん死去、TVドラマ「ソープ」などに出演

 3月1日、女優キャサリン・ヘルモンドさんが、2月23日にアルツハイマー病の合併症によりロサンゼルスの自宅で死去したことが明らかになった。写真は2006年5月、ノースカロライナ州シャーロットで撮影(2019年 ロイター/Davis Turne)

[1日 ロイター] - 1970─80年代に米人気コメディードラマ「ソープ」に出演したことなどで知られる女優キャサリン・ヘルモンドさんが、2月23日、アルツハイマー病の合併症によりロサンゼルスの自宅で死去した。89歳だった。事務所が3月1日、明らかにした。

ドラマ「Who's the Boss(原題)」で共演した女優アリッサ・ミラノさんはツイッターに「あなたは私の人生の助けとなってくれた。困難を乗り切ること、笑いのために何でもすることを教えてくれた。なんという模範だったことか」と投稿した。

ヘルモンドさんは、1929年7月5日にテキサス州に生まれ、キリスト教原理主義系のボブ・ジョーンズ大学に入学するが、後に仏教徒となる。

1977─81年の4シーズンにわたり「ソープ」に、84─92年に「Who's the Boss」に出演した。81年には「ソープ」で、89年には「Who's the Boss」で、それぞれゴールデン・グローブ賞を受賞した。エミー賞には7回ノミネートされた。

1976年にはアルフレッド・ヒッチコック監督最後の作品「ファミリー・プロット」に出演。85年にはテリー・ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」に出演した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below