March 19, 2019 / 1:48 AM / a month ago

A・クルーガー氏死去、オバマ米前政権のCEA委員長 58歳

 3月18日、オバマ米前政権で米経済諮問委員会(CEA)の委員長を務めたプリンストン大学の教授、アラン・クルーガー氏が週末に死去した。写真は委員長時にホワイトハウスで会見するクルーガー氏。2012年11月にワシントンで撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ニューヨーク 18日 ロイター] - オバマ米前政権で米経済諮問委員会(CEA)の委員長を務めたプリンストン大学の教授、アラン・クルーガー氏が週末に死去した。58歳だった。自殺したという。遺族が18日、明らかにした。

亡くなった当時の状況は明らかにされていない。

クルーガー氏はクリントン政権時に労働省のチーフエコノミストも務めた。1987年からプリンストン大学で経済学を教えた。先週はスタンフォード大学で、「ユニバーサル・ベーシックインカムはなぜこれほど議論を呼ぶのか」という題で、所得分配や労働市場規制について講演していた。

同氏は熱心な音楽愛好家で、ツイッターでブルース・スプリングスティーンや他のロックミュージシャンについて投稿し、講義でデヴィッド・ボウイについて言及した。6月に出版予定の本は経済学と音楽業界に関する内容となる。

これまでに数多くの賞を受賞し、1997年には公共政策分析に貢献をした40歳未満の人物に贈られるカーショウ賞に選ばれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below