for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シュワルツェネッガーさんが心臓手術、気分は「上々」とツイート

 米カリフォルニア州の元知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさん(73、写真)が10月23日、心臓手術を受けたことを報告し、術後の気分は「上々」とツイートした。1月にウィーンで撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ロサンゼルス 23日 ロイター] - 米カリフォルニア州の元知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさん(73)が23日、心臓手術を受けたことを報告し、術後の気分は「上々」とツイートした。

シュワルツェネッガーさんには先天性の心疾患があり、2018年には肺動脈弁の置換手術を受けていた。

シュワルツェネッガーさんはツイッターで「今回は心臓の大動脈弁を入れ替える手術を受けた」と説明。「気分は上々で、もうクリーブランドの路上を歩いているよ」と報告した。

ツイッターには、クリーブランド・クリニックのベッドで親指を立ててみせる自身の写真を投稿。医療関係者らに感謝の意を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up