for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルー中銀、19年GDP伸び率予想を下方修正 鉱山部門低迷で

[サンティアゴ 20日 ロイター] - ペルー中央銀行は20日、最新のマクロ経済予測を発表し、2019年の国内総生産(GDP)伸び率予想をそれまでの2.7%から2.3%に下方修正したことを明らかにした。世界経済の鈍化と、同国への公共投資減少を理由に挙げた。

ただ、2020年の伸び率予想は、3.8%から変更しなかった。

2019年の財政赤字の対GDP比予想は1.7%とし、それまでの2.0%から下方修正した。2020、21年については、それぞれ1.7%、1.6%とした。

インフレ率については、2019年は2.0%から1.9%に修正、20年は2.0%で変更なしだった。

中銀のベラルデ総裁は成長見通しの下方修正について、主要部門である鉱山部門の低迷と外的要因、および国内支出ペースの鈍化を挙げた。

総裁は、「これらが今年の成長鈍化の原因だ。来年は回復するだろう」とし「今年は昨年に比べて輸出量が減少しており、そのため成長が鈍化するとみられる」と述べた。

亜鉛と銅を中心とするペルーの鉱山部門は同国GDPの約15%に相当。鉱物は輸出収入の60%程度を占めている。

ただ中銀は、米中貿易摩擦の緩和でペルーが輸出する鉱物の価格が上昇するとの明るい見通しも示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up