for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルー大統領選、左派候補「当選なら中銀の独立性尊重」

 6月7日 南米ペルーで6日に投票が行われた大統領選決選投票でわずかにリードしている急進左派のペドロ・カスティジョ氏は、自身が当選した場合、中央銀行の独立性を尊重すると表明した。写真はカスティジョ氏の支持者。6月6日、Tacabambaで撮影(2021年 ロイター/Alessandro Cinque)

[リマ 7日 ロイター] - 南米ペルーで6日に投票が行われた大統領選決選投票でわずかにリードしている急進左派のペドロ・カスティジョ氏は7日、自身が当選した場合、中央銀行の独立性を尊重すると表明した。左派候補のリードに対する市場の警戒感を和らげる狙いがあるとみられる。

開票率約96%の段階で、得票率はカスティジョ氏が50.26%、アルベルト・フジモリ元大統領の長女で中道右派のケイコ・フジモリ氏が49.74%。

カスティジョ氏は声明を発表し、自身の経済計画は過去10年のペルーの急成長をけん引してきた市場経済を尊重するものになると強調。

同氏の陣営は「われわれの経済計画では国有化、収用、預金没収、為替統制、物価統制、輸入禁止を検討していないと改めて表明する」とした。

カスティジョ氏は以前、憲法や鉱業法の改正を目指す方針を打ち出し、銅生産会社や国内金融市場に不安が広がっていた。

7日の声明では最も極端な政策を排除したものの、国民の医療と教育を保障するための財源は「鉱業の税改革」で賄う考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up