for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-大接戦のペルー大統領選、カスティジョ氏僅差リード 結果巡り訴訟も

(脱字を補って再送します。)

[リマ 9日 ロイター] - 南米ペルーの大統領選決選投票は9日も開票作業が続いた。選挙管理委員会によると、開票率99.8%の段階で、急進左派のペドロ・カスティジョ氏(51)の得票率は50.2%と、アルベルト・フジモリ元大統領の長女で中道右派のケイコ・フジモリ氏(46)に0.4%ポイントの僅差でリードしている。

大接戦となる中、ケイコ氏はカスティジョ氏陣営の「不正」を主張している。ケイコ氏と共に出馬しているルイス・ガラレッタ副大統領候補は9日、「不正を裏付ける全ての証拠を提示する」とし、党として弁護士と共に訴訟の用意を進めていると明らかにした。

両候補の支持が拮抗している票は約30万票とみられる。これらは選挙管理委が設置する特別委員会の集計が必要で、数日を要する可能性がある。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up