for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ペルー大統領選、急進左派カスティジョ氏が得票率トップ=出口調査

[リマ 11日 ロイター] - 11日実施のペルー大統領選で、急進左派の教師ペドロ・カスティジョ氏が得票率16.1%で首位に立ち、フジモリ元大統領の長女で保守派のケイコ・フジモリ氏とリベラル派の経済学者エルナンド・デソト氏が11.9%の同率で2位に付けたことが、イプソスの出口調査で明らかになった。

4位は社会的保守派でポピュリスト(大衆迎合主義者)のジョニー・レスカノ氏(11%)で、超保守派のラファエル・ロペスアリアガ氏が10.5%で続いた。

上位2人が6月の決選投票に進む見通し。

出口調査は国内各地の投票所で有権者3万人を対象に行われた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up