December 25, 2017 / 2:36 AM / 25 days ago

ペルー大統領、フジモリ氏に恩赦 健康悪化理由に

[リマ 24日 ロイター] - ペルーのクチンスキ大統領は、人権侵害事件や汚職などで禁錮25年の刑に服しているフジモリ元大統領に恩赦を与えることを決めた。これを受け、恩赦決定が政治的取引の一環だと非難する反フジモリ派が抗議活動を行った。

恩赦に抗議した少なくとも2人の閣僚が辞任の意向を示し、政府筋によると、クチンスキ氏は週内にも内閣改造を行う可能性がある。

クチンスキ氏率いる与党の議員2人は離党した。

フジモリ氏(79)は急な血圧低下と心拍数の異常のため、病院に運ばれた。大統領府は声明で、同氏が進行性で不治の病を患っていると説明した。

フジモリ氏は1990年から2000年まで大統領を務めた。経済の立て直しや治安対策の実績を評価する声がある一方、腐敗した独裁者とみなして批判する向きも多く、世論を二分している。

議会ではクチンスキ大統領の罷免決議が否決されたばかり。大統領がフジモリ氏の釈放を約束する代わりにフジモリ派の議員から罷免決議否決への協力を取り付けたという観測が広がる公算が大きい。

クチンスキ氏は昨年の大統領選の活動中、フジモリ氏を恩赦しない方針を示していた。大統領選に出馬していた左派勢力の指導者メンドサ氏は、クチンスキ氏が「保身のため、フジモリ氏の支持者と取引をして腐敗した殺人者に恩赦を与えた」と非難した。

政府側は、恩赦が政治的交渉の一環だとの指摘を否定している。

首都リマでは、抗議活動を行う反フジモリ派に警察が催涙ガスを使用した。またクチンスキ氏の自宅周辺では当局者が警備を行った。

クチンスキ氏はベネズエラのマドゥロ大統領を「独裁者」と呼ぶなど同国に対する批判を展開しており、今回の恩赦決定により、思想的な偏見があるとの見方が広がる可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below