September 6, 2019 / 5:46 AM / a month ago

仏PSA、東風汽車との中国合弁事業を再編

[北京 5日 ロイター] - 仏自動車大手でプジョーのメーカーであるPSAグループ(PEUP.PA)は5日、提携先である中国の東風汽車集団(0489.HK)との合弁事業の再編計画を発表した。短期間でコストを削減し、2025年までに年間販売台数を40万台に引き上げる。

PSAの中国のソーシャルメディアへの投稿によると、合弁会社の東風プジョー・シトロエン(DPCA)は損益分岐点を今年は18万台を下回る水準に、2020年と21年は15万台を下回る水準に引き下げる。

生産資源の整理統合、遊休資産の処分、システムの効率性改善に取り組むほか、中国で発売する新モデル車を増やし、今後3年間で14の新モデルを発売するという。

年間目標販売台数を2020─21年は約25万台、25年までに40万台と設定した。昨年の中国での販売台数は約25万台だった。

20年以降は、すべての新モデルに中国の当局規制で「新エネルギー車」の認定を受けられる電動版の車を用意するという。

DPCAは設立から27年。

中国市場は昨年、1990年代以降で初めて縮小に転じた。今年は米中貿易摩擦の影響で販売台数はさらに5%減少すると見込まれている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below