for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フィリピン中銀、政策金利据え置き インフレは制御可能と認識

フィリピン中央銀行は18日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.00%に据え置いた。写真はケソン市の市場、2月撮影(2021年 ロイター/Eloisa Lopez)

[ボラカイ(フィリピン) 18日 ロイター] - フィリピン中央銀行は18日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.00%に据え置いた。来年のインフレリスクに言及したものの、制御可能な状況との認識で、持続的な経済回復に向け支援し続ける。

据え置きは8会合連続で、予想通り。翌日物預金金利と翌日物貸出金利も、それぞれ1.5%と2.5%に据え置いた。

中銀は、持続的回復を確実にするため政策支援を優先する方針を示す一方、インフレに対するリスクを意識しており、二次的影響には対処する用意があるとした。

ジョクノ総裁は会見で「新たなデータは全体として、制御可能なインフレ環境のもと、金融政策を維持する余地があることを示している」とし「財政、衛生上の適切な介入と金融政策の維持によって、今後数四半期で経済回復の維持可能性が高まると予想される」と述べた。

第3・四半期は新型コロナウイルス対策の行動制限が影響し、成長が減速したが、市場予想は上回った。数カ月前から感染者が減少して規制が緩和し、経済活動は回復している。また、当局者は今年の成長率目標(4─5%)は達成可能で、超過する可能性もあるとしている。

INGのシニアエコノミスト、ニコラス・マパ氏は「予想外の成長上振れで、今後(政策)調整の余地が生まれる」とし、早ければ来年第2・四半期に利上げの可能性があると予想した。

一方、緩和的な政策がより長期にわたって維持されるとの見方もある。キャピタル・エコノミクスのアジア担当エコノミスト、アレックス・ホームズ氏は「想定外の発言がなければ、来年を通じて金利が据え置かれるという予想を維持する」と述べた。

ジョクノ総裁はインフレ見通しのリスクについて、2022年は上振れにシフトしたが23年は概ね均衡との認識を示した。

10月のインフレ率は前年比4.6%で3カ月ぶりの低水準となったが、年間目標レンジ(2─4%)を依然上回っている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up