May 14, 2019 / 5:36 AM / 12 days ago

フィリピン中間選挙、上院で大統領派が圧勝=非公式集計

 5月13日、フィリピンで実施された中間選挙では、上院(定数24)で争われた12議席のうち、ドゥテルテ大統領を支持する候補者が9議席を獲得して圧勝する見通しとなったことが、非公式集計で明らかになった。写真は投票用紙に記入する有権者たち。マラウィで撮影(2019年 ロイター/Eloisa Lopez)

[マニラ 14日 ロイター] - フィリピンで13日実施された中間選挙では、上院(定数24)で争われた12議席のうち、ドゥテルテ大統領を支持する候補者が9議席を獲得して圧勝する見通しとなったことが、非公式集計で明らかになった。大統領の改革路線に反対する野党は1議席も得られず惨敗したもよう。

残る3議席は、無所属候補が確保したとみられる。

中間選挙では上下院と地方の首長など全国1万8000以上の公職ポストが争われた。 扇動的な言動で知られるドゥテルテ大統領の信任投票という意味合いもあり、発言力が大きい上院で権力基盤を固められるかどうかが注目されていた。

上院で大統領派が大多数を占めれば、ドゥテルテ氏に対する不信任案提出や現政権に対する議会調査の可能性が低下するとともに、政権側が無所属議員を味方に付けて改革路線推進のための法案を通すことがこれまでよりも容易になる。

政治学者のエドモンド・タヤオ氏は「大統領はさまざまな物議を醸しているのに、その人気は控えめに言っても過去に例がないほど高く、広がる勢いがある」と指摘。「通常ならば野党から2─3人の候補が当選してもいいものだが、全敗だった」とした。

非公式集計で得票率の上位を占めているのはドゥテルテ氏の最側近とされる人物や長期独裁政権を敷いた故マルコス元大統領の娘、フィリピン最大の資産家の妻、多数の死者が出た麻薬犯罪対策を指揮した前警察長官など。

今回は改選対象とならなかった上院12議席のうち、野党は4議席にとどまっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below